【奥が深い!】ワインは温度で美味しさが変わる?

ワインによって最適な温度が違う!

ワインを楽しむには温度がとても重要です。ワインが15℃以上になるとワインの甘み、アルコール感などを感じやすくなり、爽やかな酸味やフルーティーで繊細な香りが分かりにくくなります。

苦みや渋みは温度が上がるとまろやかになる特徴も。ワインはその温度によってその味わいが大きく変化する飲み物なので、最適な温度で楽しむのが良いとされています。

ワインには赤ワインや白ワイン、スパークリングワインなどいくつか種類があり、最適な温度がある程度決まっているのでご紹介しますね!

  • 赤ワインは14~18℃前後が適温
  • 白ワインは10~13℃前後が最適
  • 辛口白ワインは6~10℃前後
  • 甘口白ワインは2~6℃前後

赤ワインは比較的高い温度で楽しむのが良いとされているけど、その理由は冷やし過ぎると渋み(苦み)を感じやすくなり、人によっては「飲みにくい」と感じてしまうからです。またここでご紹介した温度はあくまでも一般論。

どれくらいの温度でワインを楽しむのが好きかは、個人の感じ方も大きいです。お気に入りのワインを色んな温度で試してみるのがおすすめですね!

「ワインに合った温度は分かったけど、どうやったらボトルの温度が測れるの?」と思っている方には、スナップ サーモメーターがおすすめ。ワインボトルに巻き付けるだけでボトルの温度が計測出来ます。このワイン用の温度計はワイン専門店でも販売されていて2,000円前後。とても便利な商品なので購入してみると良いですよ。

じゃあ甘口ワインは?

甘口白ワインの場合は、2~6℃の比較的低い温度で楽しむのが良いとされています。温度が低くなると渋みが強く感じられますが、甘口ワインは渋みの元となるタンニンが少ないので、かなり冷やしても美味しく飲めますね。

冷やすとフルーツの香りが引き立ち酸味もスッキリ感じられるので、全体的に引き締まった印象の飲み口になります。

みみも甘口白ワインは冷やして飲む事が多いけど、一度室温のまま白ワインを飲んでみたらぼんやりした味わいだったので、それ以後必ず冷やすようにしています。

冬でも冷やして適温にするのは忘れません。ここで取り上げている温度はあくまでも一般的な考え方なので、最適な温度を探してみてくださいね。

ワインの冷やし方

ワインはワインクーラーで冷やすのが良いとされています。みみも週末の「甘口ワインを嗜む会」ではワインクーラーを利用してワインを冷やしています。ただ日常的に飲むワインは、冷蔵庫に入れて冷やす事もありますよ。

「冷蔵庫が絶対ダメ」と言う事はないので、安心してくださいね。

もしもワインクーラーで冷やす場合は、ワインボトルの液面まで氷水が到達するようにしてください。氷水が足りないと十分に冷えませんし、温度にムラが出来てしまいます。

ワインクーラーでワインを冷やすと冷蔵庫よりも早く冷えるので、長時間氷水に浸しっぱなしだと冷えすぎてしまうんです。パーティーでワインを飲む場合は、冷やし始める時間に要注意!

みみはパーティーが始まる20~30分くらい前に冷やし始める事が多いかな。スナップサーモメータ―で温度を測り、飲み頃になったら開栓。

温度にあまり拘りがない方は「冷えたかな?」と思ったら開栓でもOKですよ!