キロク学会#01 キロクニスト養成講座

▼著者紹介

●熊谷薫
デジタルアーカイブ・コーディネーター
2012年11月から公益財団法人東京文化発信プロジェクト室東京アートポイント計画プログラムオフィサーとして、地域社会の中で展開するアートプロジェクトの記録調査/アーカイブ/評価の一連の手法開発を試みた。現在はフリーのアートマネージャーとしてクリエイティブな活動体のデジタルアーカイヴスのコーディネートと普及業務に従事している。

●小倉ヒラク
アートディレクター、発酵デザイナー
1983年東京生まれ。10代から世界各地を放浪した後、デザインを生業とするように。発酵醸造文化への傾倒が過ぎてアニメ「発酵のうた」「手前みそのうた」を制作。発酵食の素晴らしさを伝えるべく、さまざまなプロジェクトを展開中。現在は東京農業大学醸造学科の研究生として発酵を学びつつ、グラフィック~WEB~プロダクト~空間~映像のデザイン、文筆業やファシリテーターなど、「微生物」に関わる様々なプロジェクトを手がけている。「てまえみそのうた」でグッドデザイン賞2014受賞。
 
●中田一会
PR・コミュニケーション・ディレクター
IT系出版社でIR(投資家向け広報)や編集を経験した後、2010年~2015年まで株式会社ロフトワークに勤務。PR担当として、企業情報の発信のほか、ものづくりカフェ「FabCafe」の立ち上げ広報や、石垣島USIO Design Projectなど、「プロセスをオープンにすることで仲間を増やす」「コトの見える化でワクワクする感情を刺激する」オンラインコミュニケーション戦略を担当。2015年4月からは文化事業の世界で新しいコミュニケーションのあり方に挑戦中。

キロク学会とは、WEB時代の「記録とコミュニケーション」を考えながら実験する学びのコミュニティです。本書は、2015年に開催された全3回のワークショップをキロクした電子書籍です。参加されていない方も楽しめる内容になっています。

・「キロク学会」ワークショップの詳細
http://www.opencu.com/2015/03/kirokugakkai-workshop/

・キロク学会Facebookページ
https://www.facebook.com/pages/キロク学会/626779147412843

2015年の春に行われた全3回のキロク学会ワークショップをキロクしたこの電子書籍は、こんな悩みがある方にオススメです。

・イベントやライブなどの熱量を残したい
・自分の活動をちゃんと残したい
・記録・アーカイブを入門編から学びたい
・少人数チームだけど、もっと広報力を強化したい
・マイプロジェクトへの共感を高めたい
・活動記録(写真・動画・ドキュメント等)の整理の仕方がわからない
・とにかく記録することが好き

▼もくじ
いざ、キロクニスト宣言!
第1回 「残す!」~視点発見力~ 熊谷薫(デジタルアーカイブ・コーディネーター)
第2回 「オーガナイズする!」~情報編成力~ 小倉ヒラク(アートディレクター、発酵デザイナー)
第3回 「伝える!」~共感伝達力~ 中田一会(PR・コミュニケーション・ディレクター)
どう? キロクニスト。
著者紹介

●協力:OpenCU
●画像提供:OpenCU、株式会社ロフトワーク、USIO Design Project、ヒビノスペシャル、NPO法人アート・アンド・ソサイエティ研究センター、須之内元洋、米津いつか、齋藤歩

Comment with Facebook